就活内定物語
月別アーカイブ
  
お勧めサイト
フリースペース
      
 
TOP

就活生の内定までの物語を応援するサイトです。

求人倍率は、1人あたりの求職者に対して、求人数がどのくらいかを表す指標です

求人倍率は、1人あたりの求職者に対して、求人数がどのくらいあるのかということを表す経済的な指標です。求人倍率としては、全国にあるハローワークが、新しい求人でその月に受け付けした数を求職者の登録を同じ月に行った新しい求職者の数で割って計算するものと、前の月から繰り越しした求人数に新しい求人数をプラスし、前の月から繰り越しした求職者に新しい求職者をプラスした数で割って計算するものがあります。求人倍率が1をオーバーした場合は、会社からの求人者が仕事を見つけている求職者よりも多いということを表しています。このような場合は、会社側としてはなかなか応募者が集まらないため困っています。転職する場合には、仕事や会社の選択肢が多くある売り手市場になっているため、転職する人が有利になっています。もちろん、応募をどのような会社・職種にするのかによって違ってきますが、このような場合は、全体的に転職しやすいと言えます。


Webデザイナーがキャリアアップを図りたいなら、自分のデザインコンセプトを明確に

Webデザイナーがキャリアアップのために、より自分が望む仕事ができる環境や、より収入が高く待遇がいい企業へとステップアップしたいなら、履歴書の作成や面接を受けるにあたり、自分のデザインコンセプトを明確にしておくことが求められます。デザインセンスの良さや優れたデザインの考案だけが、全てではありまません。Webデザイナーはインターネット上の画家だと思ったら、それは間違いです。画家は自分の想いのままに、頭に浮かんだ絵を描けばよく、それによって自己実現を果たす表現者です。ですが、Webデザイナーはあくまでも、サイト制作を依頼するクライアントのニーズやサイト制作の目的を達成させるデザインを起こさなければなりません。それを履き違えないようにすることが大切です。いかに私はセンスがあります、スキルがありますではなく、どんなコンセプトでクライアントの目的を達成できる能力があるのかを明らかにすることが、採用側から求められると考えてください。もっとも、ただクライアントの求めに応じればいいだけでもありません。クライアントはWebプロモーションに関しては素人であることも多く、どのようなサイトにすれば、集客や商品購入、サービス利用に結び付き、企業イメージやブランドイメージを上げることになるのか、分からない場合も多いものです。そこで、Webデザイナーはクライアントの要望を超えた提案ができることも不可欠になります。もちろん、それは自分本位のものではなく、マーケティングリサーチやその時代のトレンド、人々の心理をキャッチアップした、客観的根拠に基づくものでなくてはなりません。そのためのマーケティングリサーチ力や分析力、客観的な視点による企画力があるか、クライアントを納得させ満足に導く提案力やプレゼン力があるかも、面接での強力なアピール材料となり、他の応募者と差を付けられる部分にもなります。そして、デザインは人々に企業価値や商品、サービスなどを確実に伝えるものでなくてはなりません。情報を価値あるものとして伝え、美しく見せるデザインであることが求められます。それを見た人がその企業価値を認め、商品を買いたいと思ったり、サービスを利用したいと思う、アクションに繋がるデザインができる、そういった能力があることや、それをモットーにデザインすることを心がけているとアピールでき、それが担当者に伝われば、内定ゲットの確率も高まることでしょう。

WEBプログラマー採用面接でやっておきたいこと

WEB業界での就職は比較的多くの求人があり、経験者・未経験者共に、幅広く採用が行われています。世の中のあらゆる会社やお店または個人でも、ホームページやブログを始め、様々なWEBシステムを使用するので、業務は日々拡大し、需要はまだまだ増える業界です。WEBプログラマーはどんどん進歩していくWEB業界で、その技術を駆使してプログラミングを行います。常に新しく更に便利になってゆくシステムに対して、敏感でなくてはなりません。その為、企業にWEBプログラマーとして採用されてからは、基礎知識はもちろんのこと、身に付けなくてはならないスキルは尽きることはありません。貪欲に勉強をし続けなくては、第一線のプログラマーとは言えないでしょう。採用試験では、一般的なそれと同じく、履歴書・職務経歴書等での書類選考から始まり、当然面接が行われます。書類では伝わらない人間性・人柄がポイントとなりますので、苦手と感じる人もいれば、絶好のアピールの場と考える人もいるでしょう。面接の受け方には確実な正解はなく、どのように答えようと自由です。だからこそ難しいのですが、逆に考えれば、自分らしさや情熱を伝える為には様々な手段・工夫をしても良いのです。WEBプログラマーが持ち合わせておきたい能力は、経験やスキルと共に、真面目な性格や責任感、勉強熱心なこと等様々です。また、人当たりの良さやコミュニケーション能力、アピアランスも無視できません。プログラミングさえ出来ればいいのではなく、それを踏まえて、周りとどのように関わり、どのように仕事を進めていくのかが大切であり、それは書類だけでは伝わりません。実際に会って、話が出来る機会である面接は、企業・面接官にとって採用するに相応しい人物か否かを見極めると同時に、求職者にとって自分の言葉でアピールし、知ってもらう絶好の場であると考えましょう。あらゆる質問に対して答える準備も大切ですが、こちらから伝えたいこと・知ってほしいこと、また、その会社に対しての質問なども、積極的に発言できるようにしておくことをオススメします。礼儀や立ち居振る舞いといった面接の基本はマニュアル本等就職の心得で得ることは出来ますが、自分なりの面接で個性を出すためには、自分自身で考え行動するしかありません。どんな準備をするべきか、何を伝えたいのか、どう思ってもらいたいのか、今一度自分を見つめ直してみることで、面接対策に生かしましょう。